楽天証券のつみたてNISAで楽天ポイントをたくさん貯める方法

2019年01月24日

おはようございます(・∀・)

昨日の記事の中で少しでてきた

楽天ポイントを大量にもらう方法についてです(^ω^)

もうすでに知っている方もたくさんいると思いますが、

 

私のようにつみたてNISA初心者の方!

楽天証券のつみたてNISAで楽天ポイントをゴッソリ貯める方法があるんです(^ω^)

やって損はないと思います!!

 

準備するもの

まず必要なのが

・楽天銀行

・楽天証券(つみたてNISA)

です!

この2つがあれば毎月楽天ポイントをたくさん貯められるようになるから

楽天証券でつみたてNISAをしている方は

楽天銀行も開設したほうが絶対お得になります(^ω^)

 

マネーブリッジを利用する

マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券を連携させるサービスのことです。

マネーブリッジを設定するとお得なサービスを受けられるようになります!

引用:楽天証券 マネーブリッジ

①優遇金利

②自動入出金

③ハッピープログラム

 

①0.10%の優遇金利

マネーブリッジを設定すると楽天銀行の普通預金の金利が0.10%になります!

0.10%

これは大手銀行の100倍の金利です!!

しかも普通預金なのでいつでも入出金が可能なのにこの金利なのは嬉しいです!

 

②自動入出金

楽天銀行、楽天証券間のお金のやり取りを自動で行ってくれるというサービスです。

 

楽天ポイントを貯めるにはこれを利用します!!

引用:楽天証券 マネーブリッジ

 

楽天銀行の自動入金時に残す金額を0円に、

楽天証券の自動出勤時に残す金額を0円にします。

 

これを設定すると楽天銀行の残高を利用して楽天証券で投資を行えるようになります。

楽天証券に入金しなくても楽天銀行から自動でしてくれるのです。

 

③ハッピープログラム

楽天証券での取引でもハッピープログラムが適応されるようになります。

FXや株の取引で楽天ポイントがもらえたり、投資信託の残高10万円ごとにポイントがもらえたりします。

*ハッピープログラムについてはこの後書いています!!

 

ハッピープログラムの恩恵を受ける

「ハッピープログラム」は楽天銀行の優遇プログラムです。

取引ごとに楽天ポイントがもらえます。預金残高または取引回数に応じてステージが異なります。

そして

ステージごとにもらえるポイント倍率が異なります。

引用:楽天銀行 ハッピープログラム

楽天ポイントを貯めるにはコレも利用します!!

自動入出金0円の設定にしていれば、

楽天証券で買い付けを行う際の資金は楽天銀行からの引き落としという形になります。

ここで楽天ポイントが発生!!

 

つみたてNISAの毎日つみたてを利用すると、掛け金が楽天銀行から引き落とされるたびに楽天ポイントがもらえます。

ベーシックやアドバンスでは1取引あたり1ポイントですが、

プレミアムは2ポイント、

VIPやスーパーVIPでは3ポイントもらえます(^ω^)

 

実際に貯まった楽天ポイント

私は1日5件の投資信託を毎日積み立てているので、こんな感じでポイントが貯まっていってます。

私のステージはVIPなので1取引あたり3ポイントもらえます!

毎日5件・・・

5 × 3 = 15ポイント

最初の設定だけ済ませたら

あとは何もしなくても毎日15ポイントもらえてます!!

(正しくは毎営業日あたりですね)

 

1月4日から始まって

この画面をスクショした1月23日までに

貯まった楽天ポイントは・・・

150ポイント

いい仕事してますね~(^ω^)

*ポイントは取引の2~3日後に付与されます。

 

毎日5件の取引をしているから

預金残高は300万円ないけれど、取引回数は30回以上になるため

ハッピープログラムのステージも勝手にスーパーVIPになります。

来月からは毎日つみたてをやめない限りスーパーVIPです!!

なので

今後も1取引につき3ポイントがもらえます(^ω^)

 

まとめ

最初の設定をするのが少しだけ、

本当に少しだけめんどくさいですが、その後はほったらかしでも

毎月楽天ポイントをもらえるならちょっとだけ頑張って設定した方が絶対お得です!!

 

私は通常の楽天ポイントは投資信託を買うのに使っているから

これでもらえた楽天ポイントも投資信託に使っていきますよ~(^ω^)

 

食費や光熱費を節約するよりも

簡単に数百円は得できるからつみたてNISAを考え中のかたは

ぜひご検討ください!!

 

おわり!

 

ランキングに参加しています。ポチっていただけると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 OL日記ブログへ

 

いつもありがとうございます

スポンサーリンク